マリタルボンドクラス

更新情報

2018/03/28
ホームページリニューアルしました。
2018/03/01
骨盤基礎解剖学講座H30年5/30開催予定。骨盤ケアリスト講座H30年5/31開催予定。

マリタルボンド認定講師資格取得するには

マリタルボンドクラスとは

妊娠や出産に伴う女性の身体の変化については自分でケアするだけでは難しく、家族のサポートが必要不可欠です。

そこでマリタルボンドクラスでは夫婦で行う出産に向けた準備整体や分娩時のパパの役割など、具体的な妊娠・分娩・産後のケア方法についてを本人だけでなく、家族にも理解を深めて頂きます。

このように夫婦お互いが身体をケアできるように指導することが、マタニティブルーや産後うつ、骨盤底筋の損傷による尿漏れや臓器下垂などを予防することができるということが当学会の考えです。

マリタルボンド商標登録

マリタルボンドクラスは日本骨盤ケア助産学会が考案した両親学級です

マリタルボンド認定講師になるには

マリタルボンド認定講師になるには助産師の国家資格を有しており、骨盤ケアリスト認定助産師の資格取得が必要となります。

骨盤ケアリスト認定助産師

1.骨盤基礎解剖学講座を受講。(5時間の1日講座)

2.骨盤ケアリスト講座を受講し、修了試験に合格。(5時間の1日講座)

3.骨盤ケアリスト講座で習得した分娩介助法や妊産婦指導などについての症例レポートを30例提出し、この内容の審査によって選出されたもの

受講予約する

当学会は助産教育の普及と妊産婦ケアの研究を目的としているため、学会員の症例報告などの協力をもとに活動しております。
このため入会金・年会費などは一切かかりません。

※認定証のみ発行代金3500円要。(1年毎に更新)

骨盤ケアリストディプロマ

骨盤ケアリスト講座修了証



マリタルボンド認定講師(骨盤ケアリスト認定助産師)

石川県 竹岡郁子
滋賀県 奥村奈穂
三重県 上村裕子
京都府 佐々木理江
大阪府 小林淑子
川西ミカ
田村富美子
川口麗
岡部智美
横谷美樹
勝間洋江
長綱澄子
兵庫県 福原真理

マリタルボンドクラス開催を検討させる方へ

産婦人科病院・助産院・企業・市区町村など

マリタルボンドクラスは、とてもニーズの高い教室です。

当学会では、真の両親学級の意味を追求し、夫婦にとって欠かせない知識を総括して出来たものがマリタルボンドクラスであると考えております。

産後の尿漏れ・性機能不全などは、羞恥心から他人に話すことができず、受診・治療に踏み込むことができない方がほとんどです。

そのため、これらトラブルの予防の第一歩として、本人だけでなく、家族がその知識を持つか否かに関わるのだと思います。

そして、一人でも多くの方に女性の身体・骨盤底筋群についての知識が普及し、社会的認知度を高め、産後のリハビリテーションが一般化できる必要性があると考えます。

当学会の、このような考えに賛同頂き、マリタルボンド開催をご検討頂けるご担当者様は、下記の問い合わせよりお気軽にご相談ください。

問い合せ・開催を依頼する方はこちら

助産学校では助産教育向上のために

フランスでは産後のリハビリテーションが100%保険適応という制度がありますが、日本ではまだまだ女性の身体をケアする社会的な認知度が低いというのが現状です。

またPOPに関しては周産期の影響が大きいにも関わらず、妊産婦ケアを専門とする助産師からのフォローも十分ではありません。

これからは、私たち助産師が妊娠・出産を通した女性の身体について知識を深め、一人でも多くの女性が臨床で産後のリハビリテーションを受けられる環境を作ることが課題といえるでしょう。

助産師が産前教育を十分に指導できるように、このマリタルボンドクラスは位置づけられています。

一度、マリタルボンドクラスを見学頂き、助産教育の必須科目としてご検討頂ければ幸いです。

問い合せ・開催を依頼する方はこちら

全国どこでも出張可能

講座時間 1講座90分~120分(調整可能)
講座内容 妊娠による身体の変化について
妊娠中のマイナートラブルと対処方法について
夫婦で行う出産準備整体
いつ入院するの?
心理面が出産に与える影響
立ち会い出産でのパパの役割
産後のママの身体について
産後うつについて
産後の日常生活での注意事項
産後の美骨盤エクササイズ
ママからパパへのケアについて
※マリタルボンドテキストあり
準備物品 ヨガマットのみご準備お願い致します。(夫婦1組に1枚)
開催費用 1日10800円(税込)+交通費
参加人数分テキスト(夫婦1組に1冊200円)
※開催回数は最大1日3講座まで可能で金額の変動はありません。
問い合せ・開催を依頼する方はこちら

マリタルボンドクラス導入産婦人科病院