5月生募集開始

5月生募集

5月生の募集は締め切りました!

骨盤ケアリスト認定助産師とは

日本骨盤ケア助産学会では骨盤の可動性に着目し
解剖学の専門職である理学療法士と
共同研究によって
骨産道を最大限に活用した分娩介助法を考案

順調な分娩経過へアシストする姿勢介助法や
関節の可動性を利用した
分娩停滞時の理学的なアプローチ法など
全く新しい分娩介助法を習得します

膨大な情報量と繊細な触診法・高度な技術を
短期間で習得するため、
座学はWEBセミナーで学び、
技術を代表の助産師と理学療法士の講師2名が
個別で丁寧に指導致します

受講コース

骨盤ケアリスト認定助産師養成コース

助産師向けのコースになります。
骨盤の基礎解剖学はもちろん、産前教育(両親学級)・理学的な分娩介助法・産褥入院中のケアの3ステージにおける助産師にしかできない骨盤ケアについて学びます。
周産期における一連の骨盤ケアを提供できる知識と技術を習得するコースです。

受講費 140000円(税別)

マタニティケアスペシャリスト養成コース

助産師向けのコースになります。
骨盤ケアリスト認定助産師の知識と技術を習得し、さらに妊娠中に起こりやすい腰痛や恥骨痛・浮腫みなどのマイナートラブルに対応できるケア方法について、主にシムス位での整体・リンパドレナージュの技術を習得します。

受講費 340000円(税別)

産後ボディケアコース

助産師・看護師向けのコースになります。
産後ケアに特化したコースで、産褥入院中の骨盤底筋群リハと痛みなどのトラブルを予防・ケアする整体法についての知識と技術を習得します。
※資格の授与はありません

受講費 :ベーシックコース 140000円(税別)
     アドバンスコース 180000円(税別)

WEBセミナーコース

とりあえずWEBセミナーだけを受講したいという方にオススメのコースです。
WEBセミナー受講後に個別セミナーを受講し、資格取得することも可能です。
看護師の方も受講可能ですが、資格取得はできませんのでご了承お願い致します。

受講費 :骨盤ケアリストコース4講義 90000円(税別)
マタニティケアスペシャリストコース7講義 180000円(税別)

5月受講予約の空き状況

1日 × 11日 × 21日 ×
2日 × 12日 × 22日 ×
3日 × 13日 × 23日 ×
4日 × 14日 × 24日 ×
5日 × 15日 × 25日 ×
6日 × 16日 × 26日 ×
7日 × 17日 × 27日 ×
8日 × 18日 × 28日 ×

9日

× 19日 × 29日 ×
10日 × 20日 × 30日 ×

日本骨盤ケア助産学会が選ばれる理由

  • 差別化ポイント1

「産科学」と「理学」を紐づける

産科学と理学を紐づけて学ぶことで、骨産道の可動性を最大限に生かした分娩介助法を身につけることができます。
その他、整体では決まった手技を覚えるのではなく、身体の基本を理解することで、オリジナルの手技を見出せるようになります。
解剖学についてはWEB動画で何度も繰り返して学ぶことができます。(視聴期間7日間)
解剖学から学ぶ
  • 差別化ポイント2

マンツーマンの個別セミナー

個別セミナーの受講生は貴方だけです。
助産師と理学療法士の講師が2名体制で指導しますので、自分のペースに合わせて学ぶことができます。
個別指導
  • 差別化ポイント3

遠方でも安心!無料の宿泊サービス

個別セミナー前日の15時〜17時より前泊も可能!
大阪会場にそのまま宿泊できるので、セミナー期間中の移動がなく、学習に集中できます。
宿泊無料
  • 差別化ポイント4

卒業後も知識が発展し続ける

セミナー終了後は卒業生だけが集まるZOOMでのオンラインサロンでミーティングを行います。
骨盤ケアリストサロンとマタニティケアサロンの2コースがあり、それぞれテーマに沿った課題について月に1回60分の全体セッションをして情報を共有します。
卒業生とのコミュニティ

受講コースや宿泊サービスなどご不明な点は
遠慮なくお問い合わせください。
メールやLINEからのお問い合わせは24時間以内に返信致します

関連記事

  1. 6月生募集開始

  2. 個別セミナー休止のお知らせ

    緊急事態宣言に伴う個別セミナー休止のお知らせ

  3. 助産師のやりがいとは

    大阪市立鷺州小学校のインタビューに回答致しました

  4. 受講料金改定のお知らせ

  5. 個別セミナー再開

    助産師向け個別セミナー再開

  6. WEBセミナー開始

    WEBセミナー開始のお知らせ

お電話で予約 お友達追加
受講予約はこちらから