骨盤ケアリスト認定助産師コース

骨盤ケアリスト講座

産前産後の骨盤ケアスペシャリストへ

<骨盤基礎解剖学講座受講修了者対象>
骨盤ケアリスト講座では、骨産道と骨盤底筋保護を重視した分娩介助法と「骨盤の再生・生まれ変わる」ということを目指した産褥入院中の骨盤底筋リハのリバースセラピー、骨盤ケアを目的とした両親学級(マリタルボンドクラス)について学び、産前産後を含む女性の骨盤ケアのスペシャリストを目指します。
米国の統計では20歳から59歳までの女性の約30%,50歳代の女性の約55%,出産経験 者の44%になんらかのPOP症状(骨盤臓器脱)が認められるとの報告もあります。(SamuelssonEC,Victor FT,TibblinG,SvardsuddKF.Signsof genital prolapse inaSwedishpopulationof women20to59years of age and possible related factors.AmJObstetGynecol1999; 180: 299―305より)
日本では、このような骨盤底筋機能の問題は泌尿器科の分野とされ、POPの原因に大きく関与する周産期は産婦人科の分野と別れていることから、相対的なフォローが困難な環境下にあるといえます。
そこで私たち助産師は骨盤底筋群についての理解を深め、骨盤底筋の機能評価やトレーニング方法を入院中からケアすることが要求されていると考えられます。
分娩時では姿勢と連動した仙腸関節の可動性をイメージして、産婦さんへ適切な体位の指導をすることにより、骨盤底筋の損傷を予防し、胎児の下降を助力することができます。

講師:小林淑子(助産師)
日程:2019年7月11日(木)→残2枠
   2019年11月予定
定員:8名
時間:10:00~16:00 ※1時間休憩含む
会場:新梅田研修センター
   大阪市福島区福島6-22-20
   https://shinumedacenter.com/access/index.html
   JR大阪駅より直通無料シャトルバスより5分
   JR福島駅より徒歩7分
  【個別講座】
   日本骨盤ケア助産学会 大阪本院 Ann-b
   大阪市福島区福島7-14-19福島駅前ビル801
   JR福島駅より徒歩2分
受講料:70000円(税別)※テキスト/ディプロマ代込
   【再受講 5000円テキストなし】
準備物品:動きやすい服装
     筆記用具
     フェイスタオル
     昼食(外食可)

受講内容:
 午前の部
【骨産道と骨盤底保護を重視した分娩介助法】
 ①骨産道の時代的変化
 ②骨盤の可動性に関与する関節
 ③分娩介助をする上で3つの避けるべき事柄
 ④骨盤底筋群保護の為の3条件
 ⑤児頭下降に伴った姿勢介助と分娩介助法
 ⑥分娩停滞時のアプローチ法
【骨盤底筋群の機能評価と入院中のリバースセラピー】
 ①骨盤臓器脱(POP)の疫学
 ②骨盤底筋群の支配神経について
 ③排泄のメカニズムと
 ④骨盤底筋群機能低下のリスク要因
 ⑤骨盤底筋群の機能評価
 ⑥入院中のリバースセラピー
 ⑦産褥入院中に生活指導

 午後の部
【マリタルボンドクラス(両親学級)】
 ①妊娠による身体の変化について
 ②マイナートラブルへのケア方法
 ③妊娠中のマリタルボンドケア(安産に向けた夫婦での整体法指導)
 ④お産について知っておいて欲しいこと
 ⑤立ち会い出産でのマリタルボンドケア(パパへ産通緩和法と呼吸法の指導)
 ⑥産後のママの身体について
 ⑦夫婦で行う産後の美骨盤エクササイズ
【骨盤ケアリスト資格試験】

リバースセラピーについては動画で復習できます。

PAGE TOP