骨盤ケアリスト認定助産師とは

骨盤ケアリスト認定助産師とは産前教育(両親学級)・骨産道と骨盤底筋群保護を重視した理学的な分娩介助法・産後リハの知識と技術を習得した産前産後の骨盤ケアスペシャリストです。

骨盤ケアリスト認定助産師の資格を取得すると、日本骨盤ケア助産学会員となり、認定証発行(希望者のみ)、マリタルボンドクラス(両親学級)認定講師の資格が授与されます。

骨盤ケアリスト認定助産師資格授与及び学会員には以下の条件が必要になります。

骨盤ケアリスト認定助産師の条件

①助産師の国家資格を有している者。
骨盤ケアリスト認定助産師養成コースを修了し、修了試験に合格した者。
骨盤ケアリスト認定助産師養成コースで習得した知識と技術を実践した症例についてのレポート提出(5枚は必須)を含む90単位を取得し、理事の審査によって選出された者。(単位取得については下記参照)
※単位の取得に期限はありません。
※分娩第1期のみ、第2期のみ、産褥ケア、妊産婦指導のレポートでも可。分娩レポート以外の場合は「考察」「評価」のみの記載とする。

 

骨盤ケアリスト認定助産師レポート例

骨盤ケアリスト認定助産師レポート   骨盤ケアリスト認定助産師レポート

取得単位(2019年に受講した者)

症例レポート1枚提出 ※5枚は必須
妊産婦整体講座(基礎編)2日間 40
妊産婦整体講座(応用編) 10
バースセラピー講座  20
微弱陣痛の分析と助産ケア講座 15
ベビーケアメソッド講座 15
【再受講】骨盤基礎解剖学講座 20
【再受講】骨盤ケアリスト講座 20
【再受講】妊産婦整体講座(基礎編) 20
【再受講】妊産婦整体講座(応用編) 10
【再受講】微弱陣痛の分析と助産ケア講座 5
【再受講】ベビーケアメソッド講座 5
【再受講】個別再受講 ※内容は希望に応じる(5時間) 20

レポート30枚提出のみでも可。(90単位取得)

取得単位(2020年改定)

症例レポート1枚提出 ※5枚は必須
マタニティケアスペシャリスト養成コース 60
開業認定院コース 75
バースセラピー講座  20
【再受講】骨盤ケアリスト認定助産師養成コース3日間 20
【再受講】個別再受講 ※内容は希望に応じる(5時間) 20

 

骨盤ケアリスト認定助産師になると

1 骨盤ケアリスト認定助産師認定証発行(希望者のみ)
マリタルボンドクラス認定講師として両親学級を開催できる
3 妊産婦整体講座及びバースセラピー講座修了者は日本骨盤ケア助産学会認定開業院として認定

当学会は助産教育の普及と妊産婦ケアの研究を目的としているため、学会員の症例報告などの協力をもとに活動しております。このため入会金・年会費などは一切かかりません。

※認定証のみ発行代金3500円要。(1年毎に更新)

マリタルボンドクラスは日本骨盤ケア助産学会オリジナルの両親学級で商標登録取得済みです。

骨盤ケアリスト認定助産師有資格者一覧

石川県

竹岡郁子
川端真由美
西田真由理
早稲田幸子

長野県

工藤明日香

滋賀県 奥村奈穂
三重県 上村裕子
京都府 佐々木理江
大阪府

小林淑子
川西ミカ
田村富美子
川口麗
岡部智美
横谷美樹
勝間洋江
長綱澄子
北田真紗美

兵庫県 福原真理