女性は月経周期・妊娠・出産によって身体が大きく変化します。
そして将来の腰痛・膝痛・股関節痛などや尿漏れ・内臓下垂(子宮脱・ 膀胱脱)の原因の一つとして骨盤が由来すると考えられています。
この変化をもたらす原因は何か?
そして、その変化によってどのような影響があるのか?
どのようなケアが必要なのか?
これまでは「常識」と思われていたことも、医学の進歩とともに日々変化していくかも知れません。
日本骨盤ケア助産学会では、女性の骨盤について本当に必要なケアの方法を医学的根拠に基づいて考察し続け、妊産婦の方を含めた女性に対して最適なケアが提供できることを目的とし、研究及びセラピストの育成を目指しています。

理事代表あいさつ

日本骨盤ケア助産学会代表理事 小林淑子(助産師)

この度、妊産婦を含む女性の骨盤ケアについての研究と助産師教育・育成を目的とし、本学会を設立し理事代表を務めることになりました。
近年、ようやくPOP(骨盤臓器脱)についての問題が着目されるようになりましたが、まだまだ女性は羞恥心からPOPの症状に自覚があったとしても受診をすることはもちろん、他人に告白することに戸惑いをもつ環境下であるといえるでしょう。
これはPOP問題の社会的認知度が低いというこが原因と考えられます。またこのPOPは周産期に大きく関わりがあるというにも関わらず、妊産婦ケアを専門とする助産師からのフォローも十分ではありません。
そこで私は助産師として妊産婦さんのマイナートラブルを軽減できる手段は何か、ということを模索するようになりました。
助産師業務と並行して代替医療について学び、2012年に妊産婦ケア専門の施設を開業しました。現在までに5000件を超える妊産婦さんのケアに携わることができ、そこから妊娠・分娩期から骨盤底保護のケアができることや産後のトレーニングで回復できることを知り、そのケア方法について習得することができました。
この知識と技術が助産師教育の必須教科に含まれること、そして臨床で生かされることによって、より多くの妊産婦さんにケアが提供できることを目指し、本学会の設立に至りました。本学会の理念に賛同して頂き、助産師教育の発展を願う方との出会いを心よりお待ちしております。

日本骨盤ケア助産学会代表理事 小林淑子(助産師)

日本骨盤ケア助産学会員について

日本骨盤ケア助産学会員となるには助産師の国家資格を有しており、骨盤ケアリスト講座を受講する必要があります。

また、修了試験に合格し、受講後1年を経た後、理事の推薦によって選出された者が学会員として認定されます。

認定者は「日本骨盤ケアリスト認定助産師」の資格が授与され、認定証が発行されます。(希望者のみ)

認定証が授与されますと、マリタルボンド認定講師として両親学級が開催できます。

入会金・年会費などは一切かかりません。
※認定証のみ発行代金3500円要。

お知らせ

2017年11月4日
H30年2月17日・18日より、妊産婦整体講座の開講決定!受講予約受付中。<受講枠残り5名>
①トラブルの原因を追究するカウンセリングからの分析法
②症状による筋肉別整体法(上半身コース)
③症状による筋肉別整体法(下半身コース)
④症状に応じた評価方法~全身評価の重要性~
全4コースとなります。

2017年8月12日
【骨盤基礎解剖学講座】【骨盤ケアリスト講座】H30年1月開催日程決定。受講予約受付中。<受講枠残り3名>


骨盤基礎解剖講座

一般・助産師向けの講座となります。

骨盤基礎解剖学講座は必須となります。
本講座を受講後にバースセラピー講座(助産師対象)/骨盤ケアリスト講座(助産師対象)/妊産婦整体講座の受講資格が与えられます。

受講予約する

受講枠残り3名

講座日数  2.5時間
講座日程  H30年1月6日(土)
受講時間  10:00~12:30
講座担当者  沢田咲実(理学療法士)
受講料  25000円(税別)
 ※テキスト代込
【再受講5000円(税別)テキストなし】
会場  大阪市福島区福島5丁目17-21
 IKEDA BLD 6F
 大阪環状線 福島駅 徒歩3分
 JR東西線 新福島駅 徒歩3分
  阪神本線 福島駅 徒歩4分
講座内容  ①骨盤解剖学
 ②骨盤(仙腸関節)の可動性について
 ③骨盤底筋群の解剖学
 ④骨盤に関与する筋肉について
 ⑤呼吸と骨盤
 ⑥妊娠による身体の変化
 ⑦妊娠・出産による姿勢の変化
 ⑧骨盤の歪みを診る触診方法
必要準備物品  動きやすい服装
 筆記用具

バースセラピー講座

※骨盤基礎解剖学講座の受講が必須となります。

助産師向けの講座となります。
(助産師免許証コピー要)

バースセラピーは日本骨盤ケア助産学会が考案した妊婦さんを対象にしたオイルトリートメントです。
骨盤の基礎解剖学と妊娠による身体的変化について医学的根拠に基づいた筋肉とリンパケアを組み合わせた出産準備療法です。

妊娠中の姿勢の変化では重心の移動を伴いやすく、腰痛や肩こり、股関節痛などの原因となります。
またこれに加えて、ホルモンの影響や子宮の増大に伴い浮腫みなどのマイナートラブルはほとんどの妊婦さんが経験しています。


バースセラピーでは筋肉とリンパの双方にアプローチすることができるため、このような妊婦特有の身体的トラブルの軽減はもちろん、出産時の腰仙関節や仙腸関節などの可動性(骨産道)を良好な状態に導くことにより、胎児のスムーズな下降を助け、安産へのとても有効なボディ・コンディショニングケアといえます。

バースセラピーの効果


バースセラピーは日本骨盤ケア助産学会が発案したオリジナル手技です。(商標権取得済)
バースセラピー講座は助産師のみが資格取得可能です。妊婦さんが安心して施術を受けられるという信頼性の高いセラピーです。
講座日数  2日(4時間×2日)
講座日程  H30年2月26日(月)・27日(火) 
受講時間  10:00~15:00※休憩1時間
講座担当者  小林淑子(助産師)
 沢田咲実(理学療法士)
受講料  89,000円(税別)
 ※テキスト・ディプロマ代込
会場  大阪会場:マタニティサロンAnn-b
 大阪市福島区(JR福島駅徒歩2分)
必要準備物品  動きやすい服装
 筆記用具
 フェイスタオル1枚

骨盤ケアリスト講座

※骨盤基礎解剖学講座の受講が必須となります。

助産師向けの講座となります。
(助産師免許証コピー要)

骨盤ケアリスト講座では「骨盤の再生・生まれ変わる」ということを目指した産褥入院中のリバースセラピーと妊産婦の身体的トラブルに対応する自己ケア方法、骨産道と骨盤底筋保護を重視した分娩介助法、骨盤ケアを目的とした両親学級(マリタルボンドクラス)について学び、産後を含む女性の骨盤ケアのスペシャリストを目指します。

米国の統計では20歳から59歳までの女性の約30%,50歳代の女性の約55%,出産経験 者の44%になんらかのPOP症状(骨盤臓器脱)が認められるとの報告もあります。(SamuelssonEC,Victor FT,TibblinG,SvardsuddKF.Signsof genital prolapse inaSwedishpopulationof women20to59years of age and possible related factors.AmJObstetGynecol1999; 180: 299―305より)

日本では、このような骨盤底筋機能の問題は泌尿器科の分野とされ、POPの原因に大きく関与する周産期は産婦人科の分野と別れていることから、相対的なフォローが困難な環境下にあるといえます。
そこで私たち助産師は骨盤底筋群についての理解を深め、骨盤底筋の機能評価やトレーニング方法を入院中からケアすることが要求されていると考えられます。


分娩時では姿勢と連動した仙腸関節の可動性をイメージして、産婦さんへ適切な体位の指導をすることにより、骨盤底筋の損傷を予防し、胎児の下降を助力することができます。

骨盤ケアリスト認定証

受講予約する

受講枠残り3名

講座日数  2日(5時間×2日)
講座日程  H30年1月7日(日)・8日(月)
受講時間  10:00~16:00※休憩1時間
講座担当者  小林淑子(助産師)
 沢田咲実(理学療法士)
受講料  140,000円(税別)
 ※テキスト代・ディプロマ代込
【再受講1講座5000円(税別)テキストなし】
会場  大阪市福島区福島5丁目17-21
 IKEDA BLD 6F
 大阪環状線 福島駅 徒歩3分
 JR東西線 新福島駅 徒歩3分
  阪神本線 福島駅 徒歩4分
講座内容


1日目
 ①骨盤臓器脱(POP)の疫学
 ②排泄のメカニズムと
  支配神経について
 ③骨盤底筋群機能低下のリスク要因
 ④入院中のリバースセラピー
 ⑤妊産婦の身体的トラブル
 ⑥歪みの原因について
 ⑦姿勢評価
 ⑧歪みを診る視点と触診方法
 ⑨日常生活の注意事項
 ⑩症状別自己ケア方法
 (腰痛・恥骨痛・股関節痛など)
講座内容


2日目
 ①骨産道について
 ②骨盤底と連動する横隔膜について
 ③骨産道の時代的変化
 ④骨産道に伴った分娩介助法
 ⑤バルサルバ分娩法の考察
 ⑥マリタルボンドケアクラスについて
(骨盤ケアを目的とした両親学級)
 ⑦骨盤ケアリスト資格試験
必要準備物品  動きやすい服装
 筆記用具
 バスタオル1枚
 フェイスタオル1枚


妊産婦整体講座

※骨盤基礎解剖学講座の受講が必須となります。

助産師向けの講座となります。
(助産師免許証コピー要)

妊産婦整体講座画像



H30年2月より開講決定!妊産婦整体講座は4講座を2日間で学びます。1講座のみの受講も可能です。
講座日数  2日(1講座2.5時間×4講座)
講座日程  H30年2月17日(土)・18日(日) 
受講時間  10:00~16:00※休憩1時間
講座担当者  講座1 小林淑子(助産師)
 講座2 田村富美子(助産師)
 講座3 川西ミカ(助産師)
 講座4 沢田咲実(理学療法士)
受講料  1講座25,000円(税別)
 4講座89,000円(税別)
 ※テキスト代込
 (ディプロマは発行されません)
会場  大阪会場:マタニティサロンAnn-b
 大阪市福島区(JR福島駅徒歩2分)
講座内容


1日目
 講座1 10:00~12:30
【トラブルの原因を追究するカウンセリングからの分析法】
 ①痛みの意味を知る
 ②痛みについて知る4つの問診
 ③トラブルの3方向からの分析法
 ④ボディメカニクスの分析
 ⑤触診による評価
 ⑥症状による機能評価
 ⑦問診票の活用術

 講座2 13:30~16:00
【症状による筋肉別整体法~上半身コース~】
 ①頭痛の分類や原因とは
 ②頭痛にアプローチする整体法
 ③首・肩コリの原因とは
 ④首・肩コリにアプローチする整体法
 ⑤背部痛の原因とは
 ⑥背部痛にアプローチする整体法
 ⑦手首痛の原因とは
 ⑧手首痛にアプローチする整体法
講座内容


2日目
 講座3 10:00~12:30
【症状による筋肉別整体法~下半身コース~】
 ①腰痛の原因とは
 ②腰痛にアプローチする整体法
 ③臀部痛の原因とは
 ④臀部痛にアプローチする整体法
 ⑤恥骨痛の原因とは
 ⑥恥骨痛にアプローチする整体法
 ⑦股関節痛の原因とは
 ⑧股関節痛にアプローチする整体法
 ⑨膝痛の原因とは
 ⑩膝痛にアプローチする整体法

 講座4 13;30~16:00
【症状に応じた評価方法~全身評価の重要性~】
 ①正しい立位とは(姿勢評価)
 ②部位別評価(上半身)
 ③部位別評価(下半身)
 ④症例検討
 ⑤評価方法の応用編
必要準備物品  動きやすい服装
 筆記用具
 フェイスタオル1枚

H30年講座スケジュール

※H29年の講座は全て終了致しました。

   骨盤基礎解剖学講座
 10:00~12:30
 バースセラピー講座
 10:00~15:00
 骨盤ケアリスト講座
 10:00~16:00
 妊産婦整体講座
 10:00~16:00
 第1期  1/6(土)  2/26(月)
 2/27(火)
 1/7(日)
 1/8(月)
 2/17(土)
 2/18(日)
 第2期  5月予定  6月予定  5月予定  6月予定
 第3期  9月予定  10月予定  9月予定  12月予定



【講座までの流れ】

講座申し込みフォームから受講予約

矢印

受講同意書をメールで送付します
これをプリントアウトし、当学会へ郵送
※助産師免許証のコピーも同封

矢印

当学会で必要書類の確認がとれましたら
受講料振込のご案内をいたします

矢印

ご案内より7日以内にご入金を
おねがいいたします
入金の確認より受講予約確定となります

よくある質問

Q:助産学生ですが骨盤ケアリスト講座を受講することは可能ですか?
A:受講はできません。骨盤ケアリスト講座には助産師免許証のコピーが必要です。

Q:助産師ですが骨盤ケアリスト講座のみ受講することは可能ですか?
A:いいえ。骨盤基礎解剖学講座の受講は必須となります。

Q:体調を崩したりした場合はキャンセルや日程変更は可能すか?
A:キャンセル・変更は開催日を含め14日より前に行われた場合、1回のみ変更が可能で、次回開催予定日への変更となります。
また開催日を含め14日以内のキャンセル・変更については、振り替え手数料として受講料の20%が発生致します。