日本骨盤ケア助産学会

女性の健康と家族のために

助産師だからできること

周産期に関わる助産師しかできないケアがある

女性は月経周期・妊娠・出産によって身体は大きく変化します。特に妊娠・出産のライフステージの在り方によって、将来の腰痛・股関節痛などの痛みトラブルや尿漏れ・臓器下垂(脱)・性機能不全など様々な疾患の誘因に繋がると考えられています。
では、実際に周産期ではどのような変化があるのか?
その変化によって、どのような影響をもたらすのか?
そして、必要なケア方法は何なのか?

これまで「常識」と思われていたことも、医学の進歩とともに日々変化していくかも知れません。
従来通りのケアは本当に正しいのでしょうか?
助産学校で習得した知識を何年も変わらずに指導して良いのでしょうか?

日本骨盤ケア助産学会では、妊産婦を含めた女性の健康について考察・研究を続け「変わらない助産ケア」から「変化し続ける助産ケア」を理念として、助産師教育の発展を目指します。

講座スケジュール

受講料一覧

ACCESS

講座会場(骨盤基礎解剖学/骨盤ケアリスト講座のみ新梅田研修センターになります)

PAGE TOP