受講前にご確認ください

お問い合わせの多いご質問についてまとめています。
この他にもご不明な点などございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
※講義中は電話での対応ができませんので予めご了承お願い致します。

他の骨盤ケアセミナーとの違いは何ですか?

大きな違いは当学会オリジナルの考え方と手技であるということです。
ウイメンズヘルスを得意分野とし、月経血コントロールヨガインストラクターでもある理学療法士との共同研究によって理学を融合した
分娩介助法や産後リハの指導法を考案しました。

分娩介助法では骨盤の可動性に着目し、順調な分娩経過へアシストする姿勢介助法や関節の可動性を利用した分娩停滞時の理学的なアプローチ法など全く新しい分娩介助法を習得できます。

また整体ではカウンセリング法や筋肉の作用、関節の運動学、症状の原因など基本から学ぶため、全てのクライアントに同じアプローチをするのではなく、個別にきちんとアセスメントできる評価法も踏まえてお伝えしています。

全講座において、さまざまな先行研究や文献などを踏まえてエビデンスのある内容になっています。

そして、何と言っても受講生1名に対して、講師2名で指導しますので、わからないことを徹底的に習得できるということが最大のメリットだと思います。

受講費の分割払いは可能ですか?

分割払いをご希望の場合は、クレジットでのお支払いになり、
ご自身で支払いペースを調整して頂いております。
※クレジットはVISA/Master/American Expressのみ

日本骨盤ケア助産学会員について

骨盤ケアリスト認定助産師の資格を取得すると、A4サイズの認定証書をお渡ししています。
また日本骨盤ケア助産学会員として認定されますが年会費などは一切不要です。
※認定証の発行のみ希望される場合は別途3500円(税別)要。

認定証

<日本骨盤ケア助産学会員のメリット>
・ホームページに認定助産師として掲載致します。
・日本骨盤ケア助産学会の公式LINEに登録されます。いつでもLINEから質問やご相談など無料でフォローさせて頂きます。
・マリタルボンドクラス認定講師の資格も取得となり、マリタルボンドクラス(両親学級)を開催することが可能となります。

受講までの流れ

1受講予約フォームより受講を申し込み。
(受講規約書をダウンロードし、記入済みの受講規約書と助産師免許証の写真を添付)
個別セミナー受講日を「未定」として受講申込みを頂き、先にWEBセミナーのみを受講することも可能です。

2 受講希望日程の可否について24時間以内にメールでお知らせ致します。

3 受講日程確定後(未定でも可)、受講料の入金案内を致します。

4 入金を確認後、テキストを発送します。

5 ご希望の日程より7日間と個別セミナーの前日にWEBセミナーが配信されます。

受講キャンセルについて

受講予約のキャンセルは入金前であればいつでも可能です。

入金後のキャンセルはWEBセミナー受講開始前であれば受講料の50%、
WEBセミナー受講後は受講料の70%
個別セミナー受講日より2日前でのキャンセルでは受講料の100%がキャンセル料として発生致します。

個別セミナーの日程は変更できますか?

受講料の入金前であればいつでも可能です。
また個別セミナー受講日を「未定」として受講申込みを頂き、先にWEBセミナーのみを受講することも可能です。

個別セミナーの日程が確定した入金後は、開催日を含めて14日より前に申請があった場合は手数料なく1回のみ可能です。

開催日を含め14日以内の受講日程変更は振替手数料として受講料の20%発生致します。
骨盤ケアリスト認定助産師養成コース:30800円
マタニティケアスペシャリスト養成コース:74800(1日のみ変更は74800÷4=18700円)

開業院認定とは何ですか?

マタニティケアスペシャリストの資格を取得した上で開業した場合「日本骨盤ケア助産学会認定〇〇院」として開業が可能になります。(開業した際はマタニティ整体・バースセラピーを導入することが条件になります)
また、この際に経営・施術・アセスメントなどでの相談についてもメールや電話にて無料で対応しています。

症例レポートについてですが、分娩介助に携わる機会がありません。どうすれば良いですか?

骨盤ケアリスト認定助産師養成コースの症例レポートについては分娩介助以外でも妊婦指導、産後ケア、産後指導、両親学級など骨盤ケアリスト認定助産師養成コースに含まれる内容であれば何でも構いません。

マタニティケアスペシャリスト養成コースの症例レポートについては整体やオイルトリートメントをする機会がなくても、例えば腰痛に対する指導やケアなどでも構いません。

産休中です。復帰するか迷っていますが、もし無職の場合の時は症例レポートが書けないと思うのですが、その場合はどうなりますか?

症例レポートは当学会で習得した技術と知識が正しく活用できているか、間違った指導をしていないか、ということを確認するための課題としています。
産休中や退職など、妊産婦さんとの関わりが全くない場合は、このような評価ができませんので、資格を授与することはできません。

認定試験に合格しなかった場合、再度試験を受けることが可能ですか?

認定試験の合否は受講当日にお伝えします。
不合格の場合はご都合の良い日程を調整し、再試験を受けて頂きます。(再試験料5500円)

お電話で予約 お友達追加
受講予約はこちらから